How to Enjoy

ホームケアのボディオイルとして
オイルと生活のなかで楽しむために

オイルは粒子が細かく、皮膚からはいり、身体の中、血液、リンパ、神経へと浸透していきます。
(オイルは化学合成物質でも、天然のオイルでも粒子が細かいことからすべて入る性質をもっている。だからオイルの質にこだわる。)

多忙な日々をおくり、サロンやスパでトリートメントなどをゆっくり受ける余裕がない時、入浴後など、新陳代謝がよくなった時に全身もしくはお腹、腕、足など部分的でもできるだけ ゆっくりと刷り込みご自身で軽くマッサージしてください。
マッサージ方法も特別な手法を考えず シンプルに、指先から心臓に向かってゆっくりと、マッサージしてみましょう。 5分から10分ぐらいにて、オイルは皮膚から体内に浸透し、血液、リンパ、神経と少しずつ循環していきます。
疲れていて時間がない時、部分的に導入しても体内にオイルは浸透していきます。

特別な手法はありません。ご自身の心地よいやりかたでゆっくりとなじませてオイルが融合していく感覚を味わってみてください。

マッサージの効果として
  • ・血液、リンパの循環を促し、神経のバランスを整えるよう働きかけます。
  • ・身体全体に滞留している老廃物やむくみ感を排出し、解毒作用にて 体内に滞留している毒素を取り除いてからだ全体をすっきりさせます。
  • ・ほとんどのオイルに抗菌作用があり、免疫力も高めていきます。
  • ・お肌のトラブルの改善やきめを整えなめらかにしていきます。
  • ・肩こり、筋肉痛など全身に滞留している痛みを和らげます。
  • ・心身ともにリラックスすることをサポートします。
  • ・落ち込んだ心を活気ある気持ちに引き上げ心のバランスを取るよう働きかけます。
オイルの感触が慣れない方に

オイルは導入後、体内に浸透していきますが、梅雨期や盛夏で高温多湿の時期にオイルが皮膚に残った感触が気になる時があります。
そのような場合はマッサージ後に軽くシャワーをする、またはタオルで抑えていただいても大丈夫です。

全身トリートメント効果を期待したい時

全身に塗りトリートメント効果を充分期待したい時は、あらかじめ、オイルが少し残っても構わないような綿のTシャツ、ズボンをご用意されてマッサージ後着用、そのまま眠りに就かれるとよいでしょう。また、オイルを全身に塗る余裕がない時に、腕、首筋、肩、脇、脚の付け根、部分的につけることでも効用は発揮できます。
ご自身の体調、時間の余裕などの状況に合せて使い分けてください。少しでも続けていくことにより、心とからだに変化を感じ取ることができるでしょう。

フェイス&ボデイの
スキンケア・オイルとして

フェイスオイルは、日常のお手入れとして朝晩つけられて大丈夫です。

フェイスから全身の皮膚にオイルは浸透し、表皮だけでなく体内から血行や細胞を活性しようと活動します。
化粧オイルのように皮膚呼吸を止めたりせず、からだ、フェイスともにきめ細かな艶のあるお肌へと整えていきます。

アトピー性皮膚炎やその他の湿疹でフェイス・からだに炎症を持たれている場合には、「センシティブ・スキン用」のオイルをつけられることをお奨めいたします。抗炎症作用でお肌を鎮静化することを助けますが、あまりに炎症がある場合はご使用を控え様子を見ながらお使いになりますようお願いいたします。

また健康な肌でもオイルが体内に浸透し、一時的に身体の解毒作用等で皮膚に発疹する場合もございます。
好転反応を繰り返しながらも、オイルの使用と一般の化粧品の違いはオイルは表皮のみを一過性でうつくしく整える一般の化粧品の開発とは異なり、天然の有機の力で皮膚を蘇生する、修復する力が継続的に自分の力として、整えられていきます。使用するにつれてお肌は丈夫になり、はりをもち、内側から弾力をもったお肌へと活性されていきます。

バスタイムを楽しむホームスパの役割としてオイルを

バスタイムでのオイルの使い方は、直接塗って、ベタつき感を感じる方に。

塗ってからお風呂のお湯につかることで温熱効果+オイルの効用の倍増のシナジーがあり、ドイツでは療法として保健医療扱いになっています。

また、心への深いリラクゼーションも、期待できます。日常生活の中で、神経を消耗し疲労している状態、精神的に落ち込んでいて、心のケアを必要としている時には是非、ボデイオイルをバスタイムにて使用されることをお奨めいたします。

アロマセラピーオイルの入浴は、深いリラクゼーションや心の癒しにもとても効用を発揮します。

Vertueuxシリーズのどのボデイオイルも、一般に市販されているアロマボデイオイルのエッセンシャルオイル希釈度より(1%程度)より高い希釈度(5%)で調合されていますので、バスオイルとしてもお使いいただけます。

お湯の中にオイルを入れてその中にゆっくりつかる方法は、日本のお風呂の温度が40℃以上であることから、オイルの効用を失うことになります。
他のバスオイルとの相違点は、バスタブの中でからだに塗る、もしくは浴槽に入る前に、からだを洗った後、濡れたままで、オイルを全身に塗ってからバスタブに入いりお湯につかる。という方法は、オイルの効用を失わず、直接、オイルが温熱で、深く体内に浸透することから、オイルの効用をさらに享受できます。

疲れている場合は、バスタブの中でつけたオイルにて、全身にマッサージして塗り込み、そのままバスタブにゆっくりとつかる方法を取られることをお奨めいたします。オイルの体内での循環をさらに高めることができ効果的です。

お湯に入りながらゆっくりとご自身で足や腕、お腹などマッサージされることにより深いリラクゼーションとからだの回復を体感できます。

サプリメント&インナービューティープロダクトについて
サプリメントプロダクト

サプリメントプロダクトは、ほぼ100% 有機原材料を目指して、厳選された薬品の研究開発の原本に近い、厳選した研究データ、治験に基づく有機原材料を成分として用いています。

極力添加物を入れない配合にて、一部のプロダクトには入れていてもからだに一切、蓄積しない成分であり、安心して長期に愛飲していけます。

サプリメントの飲み方は、各種、サプリメントは朝晩、空腹時に2粒ずつを目安にしています。ご予算的に続かない場合は、それを1粒にしたり、1ヶ月に1本。というご予算で決めていただくことも可能です。

自然原材料である食品であり、現在疾病のある方、医療的に化学治療を受けていて平常時より、からだに負担がおありの方は2倍、3倍の量でお飲みの方もいらしても安全であり、効用を発揮しています。

オイルと同様、量は自分の感覚と継続性のなかで取り決めると言い切るほど、やさしく体に対して安全です。

インナービュティープロダクト

インナービュティープロダクトは、サプリメントのように習慣的に簡単に取り入れられる便宜性より、液体にて飲みやすく、粗野な原材料のままで、自然の恵みを体内に入れたい、実感したいというお客様のお声から広げたプロダクトラインです。

液体または、粉状の素材にて、心とからだの健康維持に、自然の力をそのままの素材にての効用が体感できるよう原材料を選んでいます。

植物発酵酵素原液、珪素は、人のからだの根幹となる部位に浸透し、直接作用していきますので、自然の力でホリスティックにからだの予防ケアをしていきたい、アンチエイジング(よきかたちで若く活き活きして過ごしたい方々にお奨めなプロダクトラインです。

こちらも自然素材の食品で、酵素も珪素も適量をそれぞれ記載していますが、疲労が顕著な時などは量を増やして飲んでいっても安全です。ご予算に合わせて継続していかれますことをお奨めしています。

SHOP CALENDAR
2024.
3
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024.
4
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
SHOPPING GUIDE詳しくはSHOPPING GUIDEページにてご確認ください
ポイントについて
会員登録の上お買い物いただくと1ポイント=1円付与されます。そのままお買い物にご利用いただけます。
お支払いについて
クレジットカード、銀行振込(前払)、Amazonpay、コンビニ決済をご利用いただけます。
配送・送料について
1配送あたり7,000円以上のお買い上げで送料無料です。
返品・交換について
商品に不備がございましたら商品到着後5日以内にお問い合わせフォームからご連絡ください。